JPEN

起業環境の整備

活動概要

ものづくり、起業、試作アイデアの拾い上げと、具体化に向けたプランニングを行うステア リグオフィス「東北大学試作コーディネートオフィス(TRCO)」を設置し、起業家育成プログラムを運営できる指導・支援人材を育成するとともに、大学や県との連携を強化しスタートアップ支援エコシステムの整備に取り組んでいます。

実施体制

起業家教育に向けた
起業環境整備

東北地域の起業化加速を図るために、東北大学試作コーディネートオフィス(Tohoku Protype Coordinate Office: TPCO)を設立します。TPCOにより起業環境整備を強化し、より多くの機関から優れた起業アイデアを拾い上げ、具体化に向けた次のステップへのプランニングを効果的に行います。東北地域各県の連携、共同・協力機関の組織・連絡網整備と適切なコーディネート強化を行います。例えば、仙台市産業振興事業団、産総研(東北センター)など(図参照)の協力を得て、各自治体の公設試験センターを利用できるように制度設計を行います。大学発研究シーズによるベンチャー起業創出を加速するために、顧客ニーズ検証および社会実装化に向けた活動の活性化を図り、優れたプロトタイプをデザイン&制作を促す環境を提供します。更に、ギャップファンドの支援を受ける課題および社会実装化を目指し、商品への具体化、社会実装化への過程を利用したアントレプレナーシップ指導・支援人財育成を行います。起業環境整備により、東北地域の起業活動の加速による産業の活性化を狙います。

“東北地域” プロトタイプデザイン教育研修

BACK TO TOP